山代温泉と魯山人
寓居は文化サロン
吉のや旅館

「山代の別荘は、どんな様子かね・・・」
 「魯山人に会うたびに聞かれました。この家を気にしておられたのですね。」  吉野辰郎氏(吉野治郎氏の孫)は懐かしそうに話してくれました。
この「別荘」(現いろは草庵)で魯山人は「湯の曲輪(ゆのがわ)」の老舗旅館の看板を彫りました。
山代の旦那衆は別荘の魯山人を訪ね、書や美術、骨董について語らい、以来別荘は山代の文化サロンとなります。
初めての作陶や、料理の手ほどきをうけるなど、
魯山人にとってこの「別荘」は学びと癒しの故郷であったのでしょう。


山代に来た経緯
吉のや旅館

写真集「魅せられて山代」より

 魯山人は、1883(明治16)年3月23日、京都の上賀茂神社社家の北大路清操、登女の次男として誕生、名を房次郎といいました。生まれてすぐに里子に出され、その後も次々と養家が変わるという不遇の幼少時代を過ごしますが、養母に背負われ散歩に行った時に見た、真っ赤に咲き乱れる山躑躅(つつじ)に感動したことが美を意識した最初であった、といわれています。
 小学校を卒業してからは、養父・福田武造の木版の仕事を手伝いながら、独学で書と篆刻を学び、「一字書き」の名手として名を売るようになります。成人してからは本格的に篆刻と書の勉強をするため、朝鮮・中国にわたります。帰国後、「福田大観」と名乗り、長浜や京都などで看板を彫るなど転々とし、鯖江の豪商、窪田朴了の所で金沢の細野燕台に出会います。
 細野燕台は漢学者で、書や画に長けた文人でもありました。燕台は大観が彫った栖凰印譜帳を見てその腕前に惚れ込み、細野家で開かれた煎茶会で大観を三人の仲間(山代温泉の「吉野屋」旅館の主人・吉野治郎、陶芸家の須田菁華、金沢の料亭「山の尾」の主人太田多吉)に紹介します。そして、その茶席で、大観に看板を彫らせる話がまとまったといわれています。吉野治郎は大観の仕事部屋として、自らの「別荘」を提供することになりました。(寓居の茶室は、原呉山の設計による)
 こうして大観はこの別荘で、「吉野屋」「須田菁華窯」などの看板をいくつも彫り、仕出し屋から運ばれる料理に舌鼓を打ち、時には旦那衆たちとの歓談を楽しみながら、1915(大正4)年秋から翌年の蕨の出る頃までの約半年間、山代温泉に滞在することになりました。

山代温泉滞在

■1915(大正4)年8月
書家、篆刻家としての才能を持つ魯山人(当時福田大観)は、細野家の食客となり、燕台と煎茶仲間の初代須田菁華、吉野治郎、太田多吉に出会う。
煎茶会の席で大観は山代温泉の旅館の看板を彫ることとなる。

■10月
細野燕台に伴われて山代温泉へ来た大観は、「吉野屋旅館」の食客として迎えられ、提供された別荘(現いろは草庵)で看板彫刻の仕事を始める。

■11月
「菁華」の刻字看板完成。その見事な出来映えに菁華窯の仕事場に入ることが許され、初めて絵付けを体験する。
書家の大観も最初は、素焼きの上では筆が思うように滑らず困惑したという。この日から看板を彫るかたわら菁華窯に通い陶芸に魅せられていく。
初代菁華は大観の大胆で正確な筆運びに驚き、陶芸に対する才能をこの時見抜いたという。

■1916(大正5)年
蕨(わらび)のでる頃まで看板彫りの仕事で滞在。