宇吉郎ゆかりの地
北海道大学総合博物館(旧理学部)
宇吉郎が新設の理学部に赴任したのは1930年で、新しい施設が出来た後、2001年から博物館として再出発した。宇吉郎を紹介するコーナーも充実している。
中谷宇吉郎教授室(北海道大学内)
札幌でIUGG国際学会が開かれた2003年、宇吉郎が使用していた教授室が、往時の雰囲気を伝える展示のある部屋として復元された。受付に申し出れば案内してもらえる。
人工雪誕生の地(北海道大学内)
人工雪誕生の地
六角の雪結晶を象った白っぽい御影石の記念碑で、北大名所の一つになっている。宇吉郎らが初めて人工雪に成功し、雪氷の実験研究が盛んに行われた常時低温研究室の跡地。記念碑の題字は、人工雪実験に功績があった関戸弥太郎による。
白銀荘(十勝岳)
天然雪の研究のため宇吉郎らがここで約3000枚の乾板写真を撮った。老朽化が著しく、立ち入り出来ないが、往時の姿を止めている。同名の温泉保養施設が近くにある。
ニセコ観測所跡
ニセコアンヌプリの頂上付近に立つ記念碑。宇吉郎らが昭和17年から終戦まで、航空機の着氷防止の実験研究を行ったところ。
宇吉郎の生家跡
宇吉郎の生家跡
宇吉郎の生家だった呉服・雑貨の店、丸中屋があったところで、記念碑がある。2000年の生誕100年の2000年、その付近を「宇吉郎小径(こみち)」と呼ぶようになった。
錦城小学校と錦城山
宇吉郎は大聖寺町の錦城小学校に下宿して通った。その後改築されたが、学校には宇吉郎の描いた絵などが残されている。学校の裏の錦城山は、落城伝説から「簪を挿した蛇」が出ると恐れられた。
宇吉郎の墓
宇吉郎の墓
加賀市中島町の墓地内にある。墓名は安部能成の筆になり、六角の台座の各面に夫々異なる雪の結晶形が刻まれ、白山に向いている。そこに、茅誠司の墓碑銘が置かれている。
雪安居(亀の井別荘)
宇吉郎の没後、原宿の家をビルに建て替えるとき、宇吉郎の書斎が甥の中谷健太郎氏の由布院・亀の井別荘に移築された。宇吉郎が実験に使ったスキー板に茅誠司が「雪安居」と墨書した扁額がある。
ナカヤアイランズ
南極半島の近くの南緯66°27` 西経66°14`の小群島。1960年、英国の南極地域地名命名委員会が命名。2003年、館はナカヤアイランズのプレートを製作し、英国隊に設置を託した。
小惑星ウキチロウ
山梨県清里村の大友哲氏が発見した小惑星5個の命名が天文雑誌「星ナビ」に委ねられ、一般からの募集と選考委員会による審査でその1つにウキチロウUkichiro(10152)の名前がつき、2003年、IAU(国際天文連合)から認定された。発見は9年余り前の1994年。